包茎手術で失敗してしまうというケース

包茎手術で失敗してしまうというケース

包茎で失敗した人

包茎手術にも種類が色々とあります。真性包茎を治療するもの、仮性包茎を治療するもの、カントン包茎を治療するものがあり、さらにオプションと呼ばれるものもあるので、処置が人によって異なるのです。

 

実は、包茎を治すという観点から見た場合、種類がどれであったとしても包茎手術はそれほど難しくはありません。もちろん、手術に絶対はありませんので、失敗しないとは断言することはできませんが、限りなく可能性は少ないでしょう。

 

しかし、包茎手術では失敗が多くあるのです。それほど難しくないという点と矛盾しているかもしれませんが、これは包茎の治療が上手くいかなかったという意味合いではありません。前述の通り、包茎手術ではオプションがつくことがあります。

 

例えば、陰茎を長くする手術を同時に行う、亀頭を増大させるためにコラーゲンを注入するなどです。他にもオプションはありますが、これらは包茎を治すという類のものではありません。陰茎の見栄えを良くすることを目的としたものです。

 

包茎の治療ではなく、陰茎をより良いものにするという整形に近い施術となります。当然ですが、これらのオプションを希望するということは、見た目を良くしたいと思われてのことでしょう。

 

しかし、仕上がりがあまり良くない、思っていたものと違うという理由でトラブルが発生することがあるのです。包茎手術で失敗することは少なめですが、オプションの方は理想通りにいくとは限りませんので注意が必要となります。

包茎手術を2回以上行うというケースはあるのか

包茎医院

包茎手術は、仕上がりの面で不満が残ってしまうということはあるものの、包茎を治すという点で失敗することはあまりありません。そのため、基本的には手術は人生で1回となるでしょう。

 

2回以上、陰茎にメスを入れるというケースは少ないものの、絶対にないというわけではありません。まず、単純に包茎を治すことに失敗してしまった場合が考えられます。

 

包茎を治す手術自体は簡単とされていますが、手術は必ず成功するというものではないので、稀にですが失敗することもあるようです。その場合は2回目の手術に臨むということもあります。

 

しかし、そのようなケースは非常に少ないでしょう。可能性がゼロではありませんが、不安に思う必要は基本的にありません

 

問題は、仕上がりを綺麗にしたいという場合です。前述の通り包茎手術を複数回行うことはまずないので、1回でなるべく綺麗に仕上げたいと願うのは普通でしょう。

 

そのため、陰茎を長くさせる長茎手術を行うこともあるのです。他にも、最近の美容クリニックでは仕上がりやデザインを重視する傾向があるので、説明を聞いた段階では期待してしまうかもしれません

 

しかし、このデザインや見栄えという主観的なものが問題であり、不満を感じる方も多いようです。そのため、仕上がりに満足いかないという場合には2回目の手術を行う場合もあります。包茎手術が好きという方は少ないでしょうから、1回で満足できるよう病院を選ばなければいけません。

包茎手術激安ランキング